人気の転職サイト(登録無料)

保育士への転職もこれで安心!〜職場環境でチェックすべきポイント〜

どの職業においても、転職においては不安な事がたくさんあるでしょう。
新たな職場になじむことができるか、仕事内容はどうかなど、気になることがたくさんありますよね。
今回は、保育士の転職の際に注目すべきポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。
新生活を踏み出す第一歩に、ぜひ活用してみてくださいね!

転職先の人間関係をチェックしよう!

転職先において最も大切なのは人間関係と言っても過言ではありません。
特に保育士はコミュニケーションが必要なお仕事です。
職員同士、そして保護者・子供たちとの関係はとても重要なのです。

 

実際に職場を案内してくださる職員の言動もそうですが、奥でお仕事をしている保育士さんたちの様子もしっかりと観察しましょう。
保育士さんたちには子供たちに対する笑顔が重要です。
しっかりと笑顔を見せて働くことができているでしょうか。
何か表情や言動に違和感があった場合には、その本能に従ったほうがいいのかもしれませんね。

 

職員同士の関係でチェックすべき点は、とりわけ、若手保育士への対応です。
どうしても女性が多い職場ですから、上下関係や人間関係がぎすぎすしてしまうところもあるかもしれません。
女性の人間関係が全面に出ているような職場は、少し怖い雰囲気をまとっています。

 

転職すると、何歳でもキャリアがあっても新人という扱いになってしまいます。
キャリアを積んでいる保育士さんであれば、即戦力として期待されている場合もあります。
人間関係が悪いまま高度なパフォーマンスを要求されても、本来の自分が発揮できないかもしれません。
新しい保育園のルールや仕組みに慣れるまでは、どうしても新人として働いていかなければいけません。
率先して仕事を見つけたり、上司に対する対応に気を使ったりなど、意識しなければいけないことがたくさんあります。

 

若手に戻って一から頑張るという心構えで職場を探してみましょう。
自分が溶け込むことができそうな職場環境であるのか、しっかりと見極めてから転職できるといいかもしれませんね。

 

また、親御さんがいる時間帯では保護者との関係性にも注意してみてみるといいかもしれません。
保育士である以上、保護者との関係性は切っても切り離すことができないのです。
どうしてもモンスターペアレントのような保護者さんがいると仕事にも支障をきたしてしまう場合があります。
保護者で権力を持っている方が保育園の形態や指導方針にも介入している場合もあるかもしれません。
保育士と保護者の関係性が良好である職場こそ働きやすい職場と言えますから、そういった事も含め、ぜひ保護者との関係性にも注目しながら職場見学をしてみてください。

 

ここまで職場見学を推奨してきましたが、実は転職の場合に、転職先を見学して実際に職場の雰囲気を体験することができるという保育園も増えてきています。
転職前には絶対に職場見学をしてから就職・転職を行うことをおススメします。

 

職場見学は実際に現場の雰囲気を見ることができる貴重な機会です。
面接だけではわからない実際の子供たち、保育士たちの雰囲気が手に取る様にわかることでしょう。
いい職場雰囲気を売りにしている職場であっても、実際に職場の雰囲気を確かめてみると何か引っかかるということがあるかもしれません。
職員が満足して働いているような文言があっても、実際に働いている職員たちのストレスを身にしみて感じてしまうこともあります。

 

給与や職員の人数、子供の人数など数字的な情報だけを頼りにして就職先を探すのはリスキーすぎる行為です。
職場見学ができるような保育所では、ぜひ職場見学をするようにしてみてくださいね。
逆に言うと、イベントを控えているわけでもないのに職場見学をお断りしている園であれば、少し注意が必要です。
なぜお断りしているのか、その理由にもよりますが、気になる方は問い合わせてみるとよいでしょう。

 

こういった情報は、サイトには直接書いていないかもしれませんが、電話で一報を入れることで快く受け入れてくれる保育園もありますので、ぜひ職場見学をしてみましょう。
園から見学を承諾して頂いた際は、ご迷惑にならないよう、お気遣いを忘れないでください。
あなたが見るのと同時に、あなたも見られています。

 

保育士一人当たりの負担と給与は?

保育士としての資格を持っていて、きっちり保育士として働いていたとしても、どうしても退職して他の職場を探したいという場合が出てくるでしょう。
そういったケースで保育士さんが転職することを選択する場合に最も多い理由が、職場環境だそうです。
人間関係や給与、待遇も含めてどうしても我慢できない職場環境に耐えかねて転職を選ぶという方も、案外と多くいらっしゃるのです。

 

しかし、せっかく習得した資格を放棄してしまうのは、大変もったいない事ですよね。
そこで、できれば転職する前に調べておきたいのが、保育士一人当たりの負担についてです。

 

やはり保育園の量に対して保育士が少なくなってきている今、保育士の負担が多くなってしまう保育園も少なからず存在します。
負担が大きいと、職場環境も悪化する傾向にありますよね。
その場合、保育士一人あたりの負担の量を考える事で、ひょっとすると、今より良い職場に出会えるかもしれないのです。

 

目安として保育している子供の人数と保育士の人数に注目して職場見学をしてみましょう。
認可が下りている園の場合、子供の人数に対して充てられる先生の数が決まっているとはいえ、人気の園の場合はどうしても一人あたりの保育士に対して、面倒を見る子供の人数が多くなってしまうでしょう。
そのような職場は無理な勤務を強いられることもあります。
特に再就職などの場合、急な激務は難しいかもしれません。
保育士が無理のない環境で働くことができているかどうかは、注目すべきポイントと言えそうですね。

 

また、給与・賞与の支給状況は大切な指標です。
転職サイトなどで給与は月にこのくらい、手取りはこのくらいですと具体的な数字が示されているかと思います。
しかし、給与支給の遅れや賞与が記載よりも少ないといった保育園も存在するそうです。どこの業界でもブラック企業は存在するものですが、皆さんがブラック企業に転職するというような悲劇に合わないようにこう言った職場環境の下準備はしっかりと行っておきましょう。

 

また、細かいようですが職場環境として保育園の清潔さも重要な環境かもしれません。
保育園は、子供たちを安全に保育する環境です。
特に子供さんのうちは病気や感染症に弱く、体調を崩しやすい時期ですから、保育園の環境というのはとても大切です。

 

園では、保育士だけではなくたくさんの子供が一日を過ごします。
そのように子供の知育、保育にとって大切な保育園の清掃が行き届いていないと、少し怪しい保育園のような気がしませんか?
子供にとっても保育士にとってもいい保育園は清潔で、清掃が行き届いている保育園であるといえるでしょう。
子供たちは環境や体調の変化を素直に表情や態度として表してくれます。
何か子供たちの様子がおかしいという場合には、保育士の環境がすこし整っていないのかもしれません。

 

現在では、様々な形の保育園形態が存在しています。
保育園の他乳児院、母子厚生施設、児童館など、保育士の資格を生かして働くことができる職場はたくさんあるのです。
様々な形態の職場を確認し、自分に合った職場を見つけてみるのもいいかもしれませんね。

 

このように転職の際には様々なポイントを見て、自分にとっていい環境を選び抜かなければいけません。
いい職場を見つけるためには、転職サイトの活用をお勧めします。
隙間時間にも簡単に、そして自分に合った条件の保育園を効率よく見つけることができます。
ハローワークよりも気軽に転職を進めていくことができる為、今や主流になっています。
ぜひ、ご活用してみてくださいね。

 

まとめ

今回は、保育士が転職する場合に注目するべきポイントをいくつか紹介してきました。
人間関係、職場環境など様々な点に注目しなければいけませんので、転職サイトで情報を絞ってみたり、実際に職場見学をしてみたりする事をおすすめします。
転職の際にはバタバタと忙しくなり、余裕がなくなるかもしれませんので、ぜひ今回紹介したポイントだけでもしっかりとおさえ、効率的に良い職場を見つけてみてくださいね。